医療法人泰山会 高山内科病院

0898-22-7720/〒794-0025 今治市大正町3丁目5-8

お知らせ 高山内科からの定期的なお知らせを御確認いただけます。

愛媛肝臓病セミナーに参加しました

道後山の手ホテルにて開催された、愛媛肝臓病セミナーに参加しました。

肝疾患の患者さんでは、皮膚の掻痒症を合併する頻度が多く認められます。 痒みを生じるメカニズムとして、末梢性のものと、中枢性のものがあります。

慢性肝疾患の難治性の痒みは、中枢性の痒みメカニズムが関与していると考えられており、皮膚の病変がなくとも、掻痒感があり、痒い部分を掻いても緩和されないことがあります。また、通常の抗ヒスタミン薬や鎮静剤なども有効でないことがあります。

この中枢性の痒みの原因として、内因性オピオイドの関与が示唆されており、これを抑制することが痒みの沈静化につながってきます。

レミッチ®️(大日本住友製薬)は、このオピオイド受容体に作用する薬で、慢性肝疾患に関与する、皮膚の掻痒症に対する経口薬です。

肝臓疾患の方で、従来の痒みに対する治療が奏功しなかった方は、ご相談ください。

F1EC3F59-1D5F-4145-AEB6-A15A7862990F

ページトップへ